夫の若くしての胃がんにびっくりする

夫が胃がんになったのは今から4年近く前のことで、夫は当時31歳でした。

胃の不調は元からありましたが、胃炎だと言われていて、胃炎の薬を内服していました。

そして病院を変えて胃カメラを受けてみたところ、まさかの胃がんだということがわかりました。

夫のタイプの胃がんは発見しにくいスキルスというタイプで以前から病院にかかって胃カメラを撮ったりしてきていましたが、その時点ではわかりませんでした。

進行してから見つかることが多いですが、夫の場合はスキルスの中では早期に発見できた方で

手術をして癌細胞を取り除くことができました。

癌で怖いのは再発で特に5年は注意をしなくてはいけないとのことで、半年に一度経過観察のために検査を受けています。今のところ再発はなく大丈夫かなというところなのですが、再発をした場合はそれに見合った治療がなかなかなく命を落とすことがほとんどなのでかなり警戒はしています。

夫の病気から若くしても大病にかかる可能性というものをあらためて知り、油断できないと思いました。

PR|女性向けエステ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|初値予想|生命保険の選び方|GetMoney|童話|女性の人生|マッサージのリアル口コミ.com|心の童話|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|住宅リフォーム総合情報
|ショッピングカート|貯蓄|