投稿日:

アトピー性皮膚炎の娘の話

わたしの娘は小さい頃からアトピー性皮膚炎です。でも、生まれたばかりの頃はそうじゃありませんでした。親ばかですが、きれいな肌でかわいくて、わたしにはもったいない子供だと思いました。

娘の肌がなんとなくおかしいと思い始めたのは、娘が1歳になったあたりでした。顔が赤くなって痒いのか顔に手が行くようになりました。そのうち体に湿疹が出てきて、あせもだと思ってあせもの処置をしていたのですが全く状態がよくなりませんでした。

顔も赤くて体の湿疹も引かず、不安になって病院で診てもらうとすぐにアトピー性皮膚炎だと言われました。それもそうだと思いましたが、わたしが普通肌だったし主人に至っては健康そのものだったので、心のどこかでアトピー性皮膚炎を否定していたのです・・・。

娘はいま高校生になりました。小学生の頃はプールの塩素で肌がかぶれたことをきっかけにプールに6年間は入れなかったけれど、いまはだいぶ肌の状態がよくなってきました。