投稿日:

がん闘病中の患者さんの家族の方も辛い

看護師の立場として乳がん闘病の方に思うことは、がん闘病後の亡くなり方も人それぞれだということです。
そしてまた、家族の方もそれぞれで違うなーと思っていました。毎日顔を見ますので、がん闘病での入院期間が長くなれば長くなるほどに、患者さんのことを知っていくのですが、なんだったらそれもやめたいと思っていました。

そのようなことを言いますと、看護師失格ぐらいな印象になるでしょうけれど、しかしこちらも辛いのです。
とても人柄がよくて看護師にも気持ちのいい対応をしてくれる患者さんが、がん闘病で苦しんでいるのは本当に辛いのですよね。

けれども毎日お世話をしたり、励ましたりするぐらいしかできなかったりで、悶々と葛藤してしまいます。
それに、がん闘病中の患者さんの家族の方にも、なんと声をかければいいのかと悩みますね。ベテラン看護師さんとなると、その辺は本当に上手です。

がん患者さんだけではないのですが、病院に勤めていますと「神様なんていないんだなー」ということを思ってしまう時がありますね。こんなことを言ってはダメなのでしょうけれど。