投稿日:

病気にいつなるかは誰にもわかりません

私自身が、無月経からの摂食障害と鬱病、自律神経失調症等、行く病院によって多少の診断名は異なりましたが、患いました。

自分が体調を崩していることを立ち止まって自覚したときに、一気に心身のバランスが崩れた気がしました。

生きてるのが辛い、周りに申し訳ない気持ちでいっぱいになり、すごく狭い中で生きてる感じがしました。

まずは自分の現状を受け止めることと、充電期間、療養期間だと思って周りに申し訳ないと思わないようになることです。

毎日、早寝早起きをして、規則正しい生活を送り、毎日何か小さな目標を立て達成していくこと、その積み重ねをしていき、時間が経ったときに気づいたらよくなっていた。という感じです。

また、指定されて薬は毎日きちんと飲み続けること、勝手に辞めたり量を増やしたりはしませんでした。病院の先生とも相性があるので、自分が居心地がいいと感じる病院を見つけました。

自分を責めないことと、自分を認めてあげることです。

私もそうでしたが、実はこれが一番難しくて一番大切なことです。

PR|20代30代で発症する若年性乳がん|