投稿日:

盲腸での入院、日常生活が一変、びっくり!!

若いころの話ですが、突然学校で強烈におなかが痛くなり、救急車で運ばれました。
放課後だったです。そうすると、盲腸だと診断されました。
それまで健康そのものだったのでショックではありました。しかし直ちに先生が手術してくださり何週間か入院することとなりました。

まず頭にあったのが「あと半年で受験なのに他のライバルに差をつけられてしまう・・・」ということでした。今思うと真面目ですよね(笑)

大部屋にいれられ、あまりおいしくない入院食を食べていました。
苦しかったのは、やっぱり私は他人とのかかわりが苦手だったので、横の女性、おばさんが話しかけてきて辛かったです。勉強をしていてもおかまいなしに話しかけてきてどうでもいい世間話をずっとしてくるので困りました。

看護師さんにもクレームをいれたのですが、「同じ部屋なので仲良くしてくださいね」という感じで、あまり対応してくれませんでした。まあ、お忙しい中でささいなクレームだと受け取ったのだと思います。
最後の方はイヤホンで音楽を流すようにしていました。まあいい思い出ではあります。

PR|乳癌の予防と治療ブログ|