投稿日:

がんと向き合った私たち家族の体験です

祖父が胃ガンで専門医のいる病院に入院をした経験です。本人にはガンということは隠していました。手術や治療を嫌がるので、そこを納得させるのが大変でした。ガンだと分かれば、大騒ぎしそうなので、悟られないようにするのに神経を使い、とにかく疲れました。なかなかいい方向に向かわず治療も長引き、そこも納得させるのもまた一苦労でした。お医者さんがよく理解してくださり、納得いくように上手にお話してもらえました。お医者さんに言われれば、祖父も文句が言えませんでした。信頼関係だったのかもしれません。あとは、家族で協力するだけでした。かえって祖父の病気のおかけで、結束できたし、連絡も頻繁にとるようになりました。口では意気がって強いことを言っても心は寂しい祖父の気持ちをくんで、誰かは病院に顔を出して、不安な気持ちをなるべく取り除くようにしました。それくらいしかできないです。ガンは本人も家族も大変で、長く続く闘いです。文字通り闘病です。選択することも多く、そのたびにこれでいいのかと悩みます。とにかく、やり残したことがないように精一杯尽くすだけです。疲れないように。