賢い治療費の節約法

病院に通うと初診料というのが必ずかかってきます。病院をはしごするほどその初診料を支払う回数が増え、家計の負担にもつながってきます。ではその初診料の支払いをできるだけ少なくすますにはどうすればよいでしょうか?それには腕のいい医者選びが大切になってきます。自分に合う治療を施してくれる病院を見つけることができたら、その病院をかかりつけ医に指定し、体に様々な不調が現れた時にまず診察してもらえる病院として確保しておくのです。かかりつけの医者をもっておけば、もし症状が長引いたり悪化した場合、次にどうすればよいのか賢い選択肢を教えてもらえるからです。最初から総合病院にかかる人も多いですが、市立病院などは緊急患者を優先的に治療するという方針から、紹介状を持たずに来られる患者さんに対しては別途追加料金を請求するところもあります。ですので、まずかかりつけの医者に診察してもらい、それで改善されなければかかりつけ医に紹介状を書いてもらい、別の病院で診察を受けるのが一番賢明でお財布にやさしい病院の通い方と言えるでしょう。

PR|ガンの精密検査は重要|