投稿日:

どんな病気であっても自然治癒力が一番効果がある

人生80年も生きて行く中で、誰でも病気をしますし、その時に病院へ行きます。今は、医療の進歩により、治療方法も進化し、お薬も進化しています。医療の力に頼ることは良いのですが、どんな病気であっても最終的に治るかどうかは、その患者の自然治癒力にかかっています。自然治癒力が高ければ、治療も効果が高まるのです。逆に治療が良くても自然治癒力が低いと治りが遅かったり、治らないこともあります。やはり、普段の生活から自分の自然治癒力を高めておくことが、病気になった時に役立ちますから、体の健康管理は必要です。なかなか健康の為だけにトレーニングなど出来ないですから、楽しみに繋げてやるのが望ましいです。60代後半や70代にもなれば、必ず体力も落ちてきますし、大病にもなります。その時になってから健康管理をしても少し遅いです。せめて40代から自分の健康管理はしておくべきです。まずは、タバコを吸ってるのなら禁煙するとか、お酒を大量に飲むのなら量を減らすとかです。タバコや飲酒を継続しながら健康管理してもあんまり意味がないですから、病気になりやすい根源は絶つ必要があります。後になって後悔する人がとても多いのが現状ですから、やるなら今からです